So-net無料ブログ作成

『でんえん』 その2  [いこい]

名曲喫茶店 『でんえん』 について昨日の続きを書こう。

昨日の最後の写真は 唯一外光が入る入り口付近を撮ったものなのだが 
入り口脇に座っている ここのご店主と 手前で寝ているおじさんの間には 数段の階段があってその先に 少し床が高くなっている ボックスシート席がある。 
なぜそこの床が高くなっているのかはよくわからない。 
もう閉店してしまった国立の 『ジュピター』 は天井が高く 店内の一部が中二階になっていた。 
そう 神田の 『アカシヤ』 も店の中に二階がある構造になっているし、 阿佐ヶ谷の名曲喫茶店 『ヴィオロン』 も店の周囲の床をちょっと高くした 変わった造りになっている。
店の一部の床を高くすることが オープン当時の流行だったのかもしれない。 

080717_001.jpg

そのボックスシート席を左に見て 店の中に進むと 左側に直角に曲がるように空間が続き 
その奥の壁にスピーカーが置かれている。 ここがメインの客室となっている。 
表の看板に 『クラシックと絵 でんえん』 と書かれているように ここは画廊としても使われていて いつも誰かの作品が 展示されている。
本棚には 土門拳の 『写真作法』 や 大江健三郎の小説などがおかれている。 

そうそう 先日紹介した 竹中直人の 『おぢさんの小さな旅』 にも 『でんえん』 が登場する。
次の3枚の写真は その番組からキャプチャーしたものです。

080717_002.jpg
080717_003.jpg
080717_004.jpg


そうそう これもずいぶん昔の話 新築早々のエイゾー君の家の屋上で 我々国分寺青年団の暑気払いをやったとき 『でんえん』 のご店主のお嬢さんも参加していたっけ。 確かユナイテッドのキャビン・アテンダントで、 お母様に似て美人だった。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0