So-net無料ブログ作成

夢だけでつくった世界一小さなバス会社  [交通]

先日は立川市にある 日本最小酒店 の記事を書きましたが今日は世界一小さいバス会社です。
昨日の記事に書いた 僕らのカヌーができるまで を上映したのは西武新宿線小平駅近くにある
 
131014_001.jpg

ルネ小平でしたが 自宅からはほぼ真北に5.5km、車で20分ほどの場所にあります。
しかし公共交通機関使って行くとなるとこれがなかなか厄介なのです。
東京の鉄道は山手線を中心にして放射状に延びる路線がほとんどで 南北の移動手段は意外と不便です。
私のところから小平に行くのには国分寺駅から西武国分寺線か西武多摩湖線を使う手もあるのですが 小川駅、東村山駅、もしくは萩山駅での乗り換えが必要で 少し面倒くさいのです。
そこで今回はバスを使うことにしました。
国分寺駅から小平駅へは西武バスを使うのが順当なのですが 今回は
 
131014_002.jpg

銀河鉄道バスを使いました。

銀河鉄道バス? そんなバス会社あるの? と思われる方がほとんだと思います。
私も今回知ったようなもので 銀河鉄道株式会社のHPを見ると
 夢だけでつくった 世界一小さなバス会社。
  銀河鉄道株式会社は、路線バス、観光バス、送迎バスの運行、及び各種旅行の企画手配など
  様々なサービスをご提供致します。
とあり 『鉄道』が付いていますが実際は鉄道路線は持っていなく純然たるバス会社なのです。

社長の山本宏昭氏は wikipedia によると小さい時から大のバスファンで中古バスを手にしてから事業化を進め平成11年(1999年)に銀河鉄道株式会社を興しています
小平国分寺線は約一年前の平成24年(2012年)8月から営業を始めましたが 社長のブログには
 いよいよ明日、小平国分寺線が開通です。念願のJR駅に乗り入れです。
 苦節13年、またちょっとだけ夢がかないました。
と書かれています。
若い社長ががんばって夢を追っているよすがよくわかるブログで応援したくなります。
ところで銀河鉄道という名は社長が銀河鉄道999が好きだったようで 会社の設立も1999年にしたのだそうです。
山本社長はバス路線のすぐ脇にある
 
080816_006.jpg

この石碑の存在は知っているのだろうか?
これは早稲田実業高等学校の入り口にある
 
080816_001.jpg

日本の宇宙開発発祥の地 の記念碑にあるものです。

秋の日は釣瓶落とし
 
131014_003.jpg

小平駅南口についたころはすっかり暮れていました。

nice!(131)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 131

コメント 5

風来鶏

夢だけで作ったバス会社って素敵ですね(^^)
人間、夢を諦めたら駄目ですね!!
by 風来鶏 (2013-10-14 09:24) 

macinu

銀河鉄道~名前に夢がこもっている素敵な会社ですね~!(^o^)v
by macinu (2013-10-14 10:16) 

そらへい

夢を持って、いろんな事を実現されている方があるんですね。
画一的でないところがいいですね。
by そらへい (2013-10-14 16:38) 

sig

いい話。これこそ夢の実現ですね。すぐそばに999をあしらった記念碑とは、ますますすばらしいです。
by sig (2013-10-14 21:10) 

kurakichi

風来鶏 さん
macinu さん
そらへい さん
sig さん

世の中にはまだこういった人がいて まんざら捨てたもんじゃないなあって思いました。


by kurakichi (2013-10-15 11:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0